So-net無料ブログ作成
食を守る人たち ブログトップ

アキタハムさんのこと [食を守る人たち]

ただただ、ドイツで学んだ味を名古屋で作り続けたいだけ。

アキタハムのマイスター秋田健博さんは愚直な方です。
初めてお会いした時からそう確信し、今に至り、きっとこれからもそうで在り続けるであろうと。
http://akitaham.com/hpgen/HPB/categories/1683.html
マイスターのblogを読んでいただけると、よ~く解ります。
ドイツに渡った経緯、その後の暮らしや日本のご家族とのお話し、開業してからの色々な想い・・・この人の作ってくれる物なら間違いない、と思えるはず。

ワタシももしかしたらドイツで真面目に修行すればマイスターに・・・なれませんが(それほどにマイスターとは権威あるものだと想像する)
一通りの食肉加工技術を習得し、名古屋でお店を開くとする。
決して商売っ気がある性質ではない。お客さんの話を聞きたいけれど会話が巧く出来ない。
なかなか理解してもらうのは困難、ココロが折れる。
それでも、自分を信じて。
そうすれば周囲の人たちに支えられ、少しずつお客様も増えて。
・・・きっとこれからも着実に歩まれて行くことと思います。

じゃあアキタハムに行ってみよう!
とは言うものの、ワタシを含め初めて訪ねる99.9%の人は何を選んで良いのやら?
である。耳慣れない商品ばかりが並んでいます。
先ずは中村区稲葉地のお店でお食事をしてみる事を強くオススメします。
気軽な値段で様々な商品の盛り合わせが頂けるのです。
するときっと、四角棒状に切られた絹挽きのミートローフのようなレバーケーゼがお皿に乗っているはず。上にはマスタード。
ゲっ!こんなに掛けたら辛いじゃん・・・
と思って口にすると、全然辛くない。南ドイツの甘いマスタード。
名古屋はおろか日本で売っているところなんて、まず無い。
だって、このマスタードはマイスターが作っているんだもの。
マスタード作りは大層しんどい(目に染みるであろう)らしいが、コレが無いとダメなのだそう。
レバー(肝臓)でもケーゼ(チーズ)でもないレバーケーゼ。
商品名だけを見ると???な気がするけれど、とにかくレバーケーゼと言うそうだ。

このレバーケーゼ(こんな例えをするとマイスターに怒られそうだけど)
きさ家ではスパムのようにカットして使っています。
本当は分厚く切って焼いてドイツパンに挟んで食べる(これも勿論お店のメニューにあります)のですが、それはチョッと贅沢。
適当な大きさに切ってありあわせの野菜と炒めるだけ。味付けは一切なし。
殆どの商品が↑こんな食べ方。
きさ家は薄味なので、そのまんま焼いて食べることは無いのです。

と、書くと
え~~塩分強いのはダメだわ~って言う人とか居るでしょう。
そんなの可笑しい。
元々食肉加工品なんだから、適度な塩分は入ってしかるべき。
それを健康志向だから、とか言って減塩とか薄塩とか、意味判らないわ。
必要な塩分を抜くということは、代わりに何かを入れてることを何故想像できないの?
必要な塩味を活かして、たっぷりの野菜を一緒に食べたらイイんじゃないの?

もう一つ。
最初に買って帰ったベーコンだったかハムだったか、スライス済みのものを朝食用に取り出し2枚だけ使用。残りはパックに戻し、ビニール袋に入れて冷蔵庫に戻した。
その日の夕食の支度時、そのパックを見るともう変色している。
焼いて食べる分には問題ないと判断してそのまま食べましたが、
あ~、ココの商品は、ちゃんと肉なんだなぁと安心し、また買おうと思った。
スーパーで売っているのとかじゃ考えられないでしょう。
ヘタしたら食肉より安い値段で食肉加工製品が売られている現状。
いったいソレには何が入っとるんだ~~!!と思わないのか??

お店に伺うと大抵はマイスターの優しいお母さんが出迎えてくれます。
時々は(ご子息同様に照れ屋さんの)お父さんが。
美味しいドイツご飯は勿論だけど、秋田家さんのお人柄も大きな魅力であります。
通販も対応しておられますが、是非とも保冷バッグと保冷材の準備をして訪ねてみてくださいね。

歩荷さんのこと [食を守る人たち]

初めて歩荷さんに出逢ったのは2007年12月の事でした。
銀杏が紅(黄)葉する頃、毎年のように自転車で祖父江を訪ねていましたが、
この時たまたま”平飼い自然卵”の幟と”直売所”の看板を見つけたのです。

自転車だから卵は買って行くのはチョッと、と思いましたがどうしても気になったので立ち寄ると、オーナーご夫妻がいらっしゃいました。
あれこれとお話しをするうちに、運良く鶏舎を見学させていただけることに。

・・・衝撃でした。

臭くない!
こんな養鶏場ってあるんだろうか??
清潔で、明るく、ノビノビとした空間なのです。
この環境のニワトリから生まれた卵を食べたい!
誰もがきっと、そう思うはず。
そして、量販店に並べられる卵がどこからやって来たのかを想像すると・・・

家畜であることは間違いないのだけれど、そこに繰り広げられていたのは
まるで人間社会をそのまま凝縮したような鶏舎ワールド。
食べて、遊んで、眠る。
卵を産みたくなったら、自分の気に入った場所にて産む。
そして、集団生活に於けるイジメも。
人が動物である以上、異端を排除しようとする感情は無くならないらしい。

歩荷農場を営むご夫妻はきさ家と同世代。
”鶏糞を利用して無農薬の安心の野菜を作る循環型農業”
理想を語るだけでなく、ここまで徹底してやり遂げることができるなんて!

本当の豊かさ、贅沢とは!
人間の都合だけで突き進む事の恐ろしさ。
スーパーに並ぶ食品が、どこからどうやってやってきて、どのように発泡スチロールのトレイに乗せられているのだろうか?
小さな卵をきっかけに、様々なことを考えたり想像したりするようになりました。

卵は素材としては(料理やお菓子に調理されると)味の違いが判りにくいものかもしれません。
それでも、この卵を使ったお料理やお菓子をいただけるお店も徐々に増えてきました。
利益だけを考えたら、なかなかお店では使えないと思います。
ちゃんと自分の眼で見て、味わって、納得して選んでおられるのでしょう。
他の食材だって、きっと同じように選んでおらっる事でしょう。
「自分が食べたい、自分の大切な人に食べてもらいたい。」
そんな気持ちのお店じゃなかったら、歩荷さんの卵を選ぶことは出来ないはず。


春・夏・秋・冬。
365日ずっとニワトリたちは卵を産む。
朝陽を浴びて黄色のなたねの花が揺れる時も、
照りつける太陽が畑のトマトを真っ赤にする午後も、
実った稲穂が揺れる影がどんどんと長くなる秋の夕暮れも
白ヤギのメイちゃんの息も白くなる冬の夜にも。
自然と真摯に向き合うお二人の事を、心から尊敬しています。
名古屋からさほど遠くはない、電車でも行くことができる場所です。
http://boccalife.exblog.jp/
歩荷さんのblogを読んで、是非一度行ってみて下さい。
食を守る人たち ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます